ギフトの昆布ジャムは北海道産で贈答用に最適!水引と熨斗の意味・おすすめギフトシーン

 

慶事の贈り物に縁起のよいものを贈ろうと考える方は多いでしょう。しかし、縁起のよいものとして多くの人が思い浮かべるものは限られており、例えば出産祝いや結婚祝いなどで大勢の人が同じ人に贈り物をすると、他の人と被ってしまうかもしれません。

このことからお祝いごとの贈り物選びでは、個性的なものであることを重視するのがおすすめです。昆布ジャムYokotaNoo KONBUで販売している昆布ジャムはギフトとしての人気も高く、また昆布自体にも縁起がよいというメリットがあることから、贈り物としても最適です。

こちらでは昆布ジャムを贈る際に知っておきたい水引・熨斗(のし)に関する知識と、昆布ジャムを贈答用として贈るのに適したシーンをご紹介します。

「水引」の意味・由来とは?

ピンクの風呂敷に包まれたギフトと水引

内祝いや引き出物、お年賀などの贈り物には掛け紙を載せ、さらにそれを縛るような形で赤と白の紐を結びつけます。

この紐のことを「水引」といい、それ自体にお祝いの意味合いが込められていることから、贈答用ギフトなどにもこの水引が結びつけられています。そもそも、水引の起源は飛鳥時代にまで遡ります。

当時、遣隋使として随に渡っていた小野妹子が帰朝した際、同行していた隋の使者が持参した貢物に献上品であることを意味する紅白の麻紐が結びつけられていたことから、その習わしが現代にまで継承されたといわれています。

また、水引には紅白以外にも様々な色のものがありますので、色ごとの意味を確認しておくことをおすすめします。

「熨斗」の意味・由来とは?

熨斗で飾られた御祝袋

お祝いごとで贈られたギフトの掛け紙に、縦長の六角形の飾りがついているのを目にしたことがある方も多いでしょう。この飾りのことを「熨斗」といい、これにもまたお祝いの意味が込められています。

そもそも、熨斗は熨斗鮑(のしあわび)と呼ばれ、もともとは中に鮑が入れられていました。これを簡素化したものが現代でも使用されている熨斗で、よく見るとその中には鮑の代わりとして黄色い紙が入れられていることが分かります。

また、最近では熨斗がプリントされた熨斗紙を使用するケースも多く、熨斗が用意できない場合はこの熨斗紙を使用してしまって問題ありません。

ただし、熨斗紙にはいくつかの種類があるため、お祝いごとの種類に応じてうまく使い分けることが大切です。

昆布ジャムをギフトとして贈るのに適したシーンとは?

昆布ジャムYokotaNoo KONBUで販売している昆布ジャムには、品質のよい北海道産真昆布を使用しています。また上述したとおり、昆布は縁起のよい食材でもあることからお祝いごとのギフトとしても最適です。

具体的にいうと昆布は長寿を願う際に食べる食材とされていることから、例えば喜寿や米寿などのお祝いごとのギフトとして最適です。また、赤ちゃんの長寿を願うという意味では出産祝いにも適しているといえるでしょう。

一方で昆布のような縁起物の食材は様々なお祝いごとで食べられていることから、喜寿や米寿、出産祝い以外のお祝いごとのギフトとして贈っても特に問題ありません。むしろ、珍しい昆布ジャムは人と被ってしまう可能性が少ないことから、この点でもお祝いごとのギフトに適しているといえるでしょう。

縁起のよい北海道産昆布を使用!お祝いごとの贈答用ギフトにもおすすめ

お祝いごとで贈答用ギフトを購入する際には水引や熨斗の意味・由来をよく理解し、その都度適した色・形のものを購入するようにしましょう。昆布ジャムYokotaNoo KONBUでは、内祝いをはじめお祝いに最適な昆布ジャムを販売しています。

昆布ジャムは縁起がよいだけでなく品質もよい北海道産の真昆布を使用しているため、贈り物としても最適です。北海道産の美味しい昆布で作った昆布ジャムをぜひ一度お試しください。

昆布ジャムをギフトとして贈るなら昆布ジャムYokotaNoo KONBUへ

サイト名 昆布ジャムYokotaNooKONBU
URL http://ynkonbu.com/