【昆布】市販のおつまみ・おすすめの珍味をご紹介!ビールや日本酒に合うのはどれ?

 

一日の終わりに家でお酒を楽しむ方は多いでしょう。お風呂上りにビールは欠かせないという方、寝る前の晩酌でワインをゆっくり飲むのが好きな方など、お酒の楽しみ方は様々です。また、飲む前におつまみを考えるのも楽しみの一つではないでしょうか。お酒の種類や飲むシチュエーション、また一緒に飲む相手によっておつまみを変える方も少なくありません。

市販で目についた珍味やおつまみを買うのもいいですが、それぞれのお酒の特性に合わせたおつまみを用意するとお酒の味わいも深まるだけでなく、肝機能への負担を減らすこともできます。

こちらでは、代表的なお酒に合うおすすめのおつまみをご紹介いたします。なお、昆布ジャムYokotaNoo KONBUでは、保存料無添加の昆布ジャムを通販でご提供しています。お酒に合うレシピもご紹介していますので、一度お試しください。

ビールにおすすめのおつまみ・珍味

おつまみとビール

ビールの美味しさは、そのキレとすっきり感です。おつまみは、それと正反対のものを選ぶとよりビールが美味しく感じられます。

いわゆる「油っこいもの、塩味の濃いもの」を選ぶことでより一層ビールのすっきり感と、おつまみの味わいも両方美味しく感じることができます。

具体的なメニューとしては、市販でもお店でも居酒屋によくある【枝豆、焼き鳥、唐揚げ、餃子、フライドポテト、ソーセージ】などがそれにあたります。

また、お店で飲む場合は枝豆や冷奴などのスピードメニューを頼み、悪酔いのもととなる、空きっ腹にビールを飲まないように気をつけましょう。家で食べるときは、珍味などの乾物であれば保存も効きますし、用意に時間もかかりません。ビールは辛い料理とも相性がよく、タイ料理でも活躍する昆布ジャムもおすすめです。

日本酒におすすめのおつまみ・珍味

グラスに注がれた日本酒

次に日本酒ですが、一口に日本酒といっても、大きく分けて「吟醸酒」「普通酒・生酒」「純米酒」と使用されている原料やそれぞれの米に対する精米度合いなどにより風味が異なるため、それぞれに合うおつまみを合わせましょう。

吟醸酒は軽快でさわやかな味なので、素材を生かしたあっさりとした味付けのものが望ましいです。例えばチーズや白身魚の刺身、山菜の天ぷらなどで美味しくいただきましょう。

普通酒・生酒は辛口でさっぱりとした味ですので、おつまみはあっさりしたものからしっかりと味が付いたものまで幅広く合います。エイヒレやグラタン、鮎の塩焼きなどの料理が合うでしょう。

純米酒はうまみの強い味わいが特徴です。そのため、おつまみにもしっかりとした味付けのものが合います。サバの味噌煮、魚の煮つけや塩辛などがよく合うでしょう。家で飲むときは、市販の缶詰や珍味などを利用するのもおすすめです。昆布ジャムを使うと美味しい煮魚も作れますし、日本酒との相性も抜群です。

ワインにおすすめのおつまみ・珍味

ワインに合うものといえば、チーズや生ハムです。市販のものでも相性は抜群ですが、今回はその他のおつまみについて解説します。赤ワインでもボルドーのような本格的なワインであれば、牛サーロインやスペアリブ、サバやサンマなどの脂身の多い肉や魚が向いています。

一方、ボジョレーのような軽いワインでは、地鳥や牛ヒレチキンソテー、カツオやマグロなどの脂身の少ないあっさりとした味のものがよく合います。

辛口の白ワインも、軽い赤ワインと同じ物が合います。他にはマトン、ラム、カマンベールチーズなどがおすすめです。甘口の白ワインは、すっきりとした味付けのものがよいでしょう。フグやタコ、鶏肉や馬刺し、カッテージチーズやモッツァレラチーズとも相性がよいです。

おつまみはお酒の特徴に合わせてチョイス!お酒のおともに昆布ジャムを

お酒を楽しく飲むには、お酒に合うおつまみは欠かせません。市販のおつまみも良いですが、それぞれのお酒の特徴をさらに活かすおつまみを用意するのがおすすめです。ビールをすっきりと飲むには辛い物や脂っこい物がよいでしょう。日本酒には全般的にあっさりした味付けの料理が合います。

赤ワインも本格的なものは脂身のあるものと相性がよく、軽めの赤ワインでは脂身の少ない物に合います。辛口の白ワインはマトンやカマンベールチーズと相性がよく、甘口のワインはスッキリとしたおつまみがよいでしょう。昆布ジャムは市販のおつまみや料理をさらに引き立たせますので、ぜひお酒のおともにお試しください。

昆布ジャムで市販のおつまみを美味しく楽しむなら昆布ジャムYokotaNoo KONBUへ

サイト名 昆布ジャムYokotaNooKONBU
URL http://ynkonbu.com/